専門業者のカタログを利用して利便性の高い作業服を購入しよう

カタログを利用すれば様々な作業環境で使える作業服が手に入る

安全第一

現場系の作業服でポリエステル100パーセントなどの化学繊維を用いることができないケースは少なくはありません。高熱を使用する樹脂の押出加工、火花が散る溶接現場などでは化学繊維は事故の要因になってしまいます。そんな業種の企業担当者の方で、作業服の素材選定から価格調整まで悩んでいませんか?作業服は企業ユニフォームの専門販売会社で購入するのがおすすめです。
企業ユニフォームの専門販売会社では、作業環境に合った作業服を取り揃えています。高熱源体のある現場や溶接工程などでも安心して使用できる綿100パーセントの素材も安価に手に入ります。綿100パーセントの作業服なら火花が散っても作業服が溶けたり、融着したり燃え広がったりすることがありません。また、通気性も良く、高熱になる環境での作業者の負担も軽減できます。綿100パーセントな上、機能性を重視したり、生地の厚さや縫製にこだわり、動きやすさも追求した作業服を探し出せます。また、安全性や機能性だけでなく、デザイン性にこだわったものもあります。デニム生地を採用し、スタイリッシュでカッコいいものもあり、現場系の作業服のイメージを大きく変化させてくれます。安全性が高く、作業性も良い作業服を探しているなら、まずは企業ユニフォームの専門販売会社で気になるデザインのものを探しましょう。

Latest Recent

Post List

  • カタログを利用すれば女性にも人気なカジュアル作業服を選べる

    今や製造メーカーや建設業も女性スタッフが増えているだけでなく、ニーズも高ま…

  • カタログを取り寄せてデザイン性の高く動きやすい作業服を購入しよう

    作業服の企画から調達まで行う企業担当者の方、現場系の作業服は昔から同じもの…